ベジーデル酵素粒はダイエット効果

油っこいもの、甘いものが大好きだけど、運動が続かない!

ベジーデル酵素粒でダイエット

ベジーデル酵素粒は、朝食や夕食などの食事との置き換えダイエットとして人気のベジーデル酵素液を飲みやすくした一日3粒のサプリメントです。


そもそも健康促進がベジーデル酵素の目的だったところ、ダイエット効果が注目され、ベジーデル酵素液が愛飲されるようになったのですが、味やニオイが苦手という意見もあります。

健康促進


そこで、味やニオイが気にならないように粒状のサプリにして携帯性を高め持ち歩きできるようにしたベジーデル酵素粒は、106種類の野菜の栄養がギュッと凝縮されて開発されました。


酵素飲料として液体状のベジーデル酵素液は持ち運びしにくいことから、ベジーデル酵素粒よのうに持ち運びには不向きで、主に自宅での摂取することが基本となるようです。


ベジーデル酵素液を朝食や夕食と置き換えることで、ある程度の栄養素を取り入れながら、プチ断食のようにダイエット効果が見込まれます。


106種類もの食物原料を丸ごと漬け込む製法に酵素を培養するために必要な砂糖ではなく、ミネラルやビタミンをたくさん含んだ沖縄県の黒糖を使ってベジーデル酵素は製造されています。


従って栄養価が高く、ベジーデル酵素液のような酵素ドリンクを飲むだけのダイエットは、栄養不足になりにくく、健康的で美容にも良く、酵素ダイエットとして芸能人やモデルにも人気となっています。


そんなダイエット効果が人気のベジーデル酵素液を飲みやすくしたサプリメントにしたベジーデル酵素粒ですが、食べ物の代替えとしてというよりは、健康維持に生活の中に取り入れている方が多いようです。


年齢とともに体の中の酵素の量が減ってしまうと、体の代謝も悪くなって太りやすくなってしまうことから、不足しがちな酵素をベジーデル酵素粒で補うことで、基礎代謝の衰えをカバーして痩せやすいカラダへ導いてくれることが期待されます。


劇的に体重を減らしたい、余計に付いてしまった脂肪を落としたい場合には、置き換えダイエット食としてベジーデル酵素液と体調維持にベジーデル酵素粒を組み合わせをした方が、健康的なダイエットにより効果的とされています。

ベジーデル酵素粒の効果は

ベジーデル酵素粒を愛用している方は、年齢とともには不足しがちな酵素を補うことで毎日の健康維持のために愛飲している方が多いようです。


カラダから酵素が足りなくなってくると疲れやすくなったり、お肌のハリが気になるようになったり、そんなお悩みからベジーデル酵素粒によって酵素を体へ取り入れることで、体が軽くなったり、元気で生き生きとした生活を実践しているようです。


もちろん個人差がありますから、まったく効果を感じない方もいらっしゃると思いますが、ベジデールを飲んで朝の目覚めがよくなったり、以前より身体が疲れなくなるメリットを感じて継続して毎日飲み続ける方も多いようです。


また、人によってはベジーデル酵素粒を飲むことで便秘に良い効果を感じる方もいるようで、下剤のような薬と違って、身体を元気にしてくれる酵素の力で身体に優しく便秘の解消へ導いてくれるのかもしれません。


ビューティプランニングのベジーデル酵素粒は、厳選された106種類もの食物原料(野菜・果実・野草・海草など)が配合されて栄養満点の酵素を手軽に補えます。


ちなみに、その原材料は、

ベジーデル酵素粒の原材料

サフラワー油、植物発酵エキス末(植物発酵エキス【黒糖、大根、人参、カブ、ゴボウ、玉葱、蓮根、生姜、ミョウガ、ユリ根、ワサビ、モヤシ、ジャガイモ、さつま芋、里芋、ニンニク、白菜、キャベツ、ほうれん草、春菊、レタス、モロヘイヤ、フキ、水菜、小松菜、チシャ、チンゲンサイ、サラダ菜、ミツバ、ニラ、紫キャベツ、サニーレタス、パセリ、アサツキ、メネギ、セロリ、カリフラワー、ブロッコリー、食用菊、タケノコ、ズイキ、ウド、アスパラガス、カボチャ、きゅうり、白ウリ、なす、トマト、スイカ、冬瓜、ゴーヤ、メロン、シシトウ、ピーマン、ズッキーニ、オクラ、明日葉、オオバコ、カンゾウ、ドクダミ、クコ、スギナ、ウコン、マタタビ、ビワ葉、イチゴ、みかん、レモン、梅、ビワ、ブドウ、プルーン、スダチ、カボス、柿、梨、パパイヤ、マンゴー、柚子、バナナ、パイナップル、アーモンド、カシューナッツ、昆布、ワカメ、ヒジキ、青のり、もずく、アオサ、アカサ、椎茸、舞茸、エノキ茸、シメジ、レイシ、玄米、大麦、ハト麦、粟、キビ、ヒエ、トウモロコシ、ごま、小豆、黒豆、インゲン、枝豆】・コーンスターチ〈遺伝子組換え不分別〉)、VE含有植物油、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、炭末色素、VB2、VB1、VB6


水は一切使用せず、酵素の培養に必要な砂糖の代わりにミネラル、ビタミンが含まれている沖縄産の黒砂糖を使用し、120年以上も生息している蔵付き酵母菌(ラクトアドジスサケ菌)にて時間をかけて発酵が行われています。

不足しがちなビタミンも

ベジーデル酵素粒なら各ビタミンもしっかり補充できます。

●ビタミンB1は、 炭水化物からエネルギーに変える働きと健康維持を助け!

●ビタミンB2は、 皮膚や粘膜の再生や健康維持を助け!

●ビタミンB6は、 タンパク質からのエネルギー生産と健康維持を助ける!

●ビタミンEは、 体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。


ベジーデル酵素粒なら1日3粒で栄養価の高い酵素とビタミンを手軽に補給できるから、長く続けられると人気です。


ベジーデル酵素粒の飲み方、いつ飲むタイミング

ベジーデル酵素粒のビューティプランニングでは、1日あたりの摂取目安として 1日3粒を水かぬるま湯で飲むことを推奨しているだけで、飲み方については特に説明されていないようです。


いつ飲むか、ベジーデル酵素粒を飲むタイミングについては、それほど気にせずに、個人の生活の中で忘れない習慣となるタイミングで摂取すれば良いということでしょうが・・・、


野菜・果実・野草・海草などの食物原料で製造されていることから、食前に飲むのも一つのアイデアだと思います。


なぜなら、フランス人の女性にスリムな体型の美人が多いとされるのは、前菜にまずサラダを食してからメインへとフランス料理という美食を楽しんでいるからだとする説があります。


これは食事の際、野菜から先に食べると太りにくいと言われており、野菜に含まれる食物繊維が血糖値の上昇を抑え、余分なコレステロールの排泄を助け、胃の中で満腹感をある程度あたえてとされています。


ベジーデル酵素粒には食物繊維は含まれていないので、上記のような作用は望めないと思いますが、食事の前にベジーデル酵素粒を胃に入れておくことで、ある程度の食欲を抑えてくれるような気がします。


また、目標とするイベント日に向かってある程度の空腹感を我慢できるのなら、数日だけでも一食をベジーデル酵素粒に替えることで、体重を減らすことも可能かもしれません。


この方法は、ベジーデル酵素液によって置き換えダイエットに挑戦するのを、より安く酵素を摂取できるベジーデル酵素粒でプチ断食するということになります。


ベジーデル酵素粒は、食べた料理が体内で吸収されるのを阻害するカロリーカット系のサプリメントではないのですが、一時的に食事を摂らなくても栄養を補給したり、健康を維持し元気になることで代謝率を上げることができれば、身体の脂肪を燃焼しやすくして、痩せやすい体を手にできる方もいるはずです。