痛風の症状の前触れ

油っこいもの、甘いものが大好きだけど、運動が続かない!

痛風の症状の前触れ

痛風の症状の前触れは足が痛いズキズキする初期症状のほとんどは足の指の付け根に前兆が現れ、人によっては激痛で歩けなくなるほどの発作が起こるとされています。

実に7割以上の人が初期症状として足の親指の付け根の関節部分に突然痛みを感じ、どこかにぶつかった時のように鈍い痛み、ピリピリ、ムズムズする違和感を覚えるようです。

その他の場所では、足首やくるぶし、かかと、足の甲、ひざ、手の指や関節、手首や手の甲などに痛みが現れるとされています。

痛風の症状の前触れ

痛風の症状は発作で一時的な現象で、痛い状態が2、3日で治まってきて、1、2週間で病状が治っていきます。

その後なにもなかったように痛みはなくなるのですが、初めての前兆症状から半年、1年ぐらいでまた痛風の発作が起きることが多いようです。

なにも治療をせずに放置しておくと、次第に痛風の発作の回数が増え、患部が腫れてきて、発生する間隔も短くなる傾向があるようです。

そもそも通風の原因は、

通常、人間の体の中に存在している尿酸が血液などに溶け出し血液中にふえ、、体内を循環する過程で尿として対外へ捨てられます。

これが何らかの理由で血液中の尿酸値の濃度が高くなることで、尿酸の結晶となって関節に蓄積されるようになり、できた尿酸塩を白血球が異物として防御反応することで痛みが生じます

痛風発作の前兆を感じたときに「コルヒチン」という飲み薬を飲むことで、発作を回避することが期待できます。

この痛風の病気の基礎疾患である高尿酸血症は、血液中に占める尿酸の濃度が7.0mg/dl以上になると、痛風が発作する可能性が高くなるとされています。

痛風の前触れを感じた時

痛風の発作症状を経験した人の中には、次に発作が起こりそうな前触れを感じ取れることがあり、足の親指関節がビリビリ、ムズムズするような前兆を自覚できるようです。

時には激痛や脹れを伴う痛風の急性痛風関節炎が発生する前に、コルヒチンの薬を一錠服用することで、発作を予防し、症状を軽減する効果を期待できます。

コルヒチンは紀元前から重宝されている古い痛風発作の特効薬ですが、痛みを抑える薬ではなく、白血球の働きを抑えることで尿酸結晶を白血球が攻撃して関節に炎症が起きないようにするお薬です。

痛風の前触れを感じた時に、前もってコルヒチンを飲んでおくことで痛風の発作を未熟に防止できるのですが、あくまで白血球の働きを抑えることで炎症が起こらないようにするので、いざ激痛が始まってしまうと、もう効果は期待できないようです。

また、体内のプリン体を減らしたり、尿酸値を下げてくれる薬でもありません。

副作用の注意も

厳しい痛みを防ぐ為に、痛風の症状の前触れの時点で積極的にコルヒチンを服用してことが、ベストな方法に思われますが、実は副作用があるので注意が必要です。

薬を多量に飲みすぎてしまうと、吐き気や腹痛、下痢や嘔吐を繰り返したりするなど胃腸障害の副作用が現れてしまうことがあります。

※症状が良くない場合は、病院で医師へ相談することをおすすめします。

痛風に良い食べ物 一覧表

食事によって体に摂取するプリン体は体内で尿酸へと変わる物質で、プリン体の摂取量を制限することは、痛風の予防に重要です。

そこで、食事療法で食生活の見直す目安として、痛風に良い食べ物をご紹介します。

アルカリ性の食べ物として、

ワカメ、ひじき、昆布、ホウレン草、ゴボウ、ニンジン、キャベツ 、大根、アスパラ、ナス
里芋、サツマイモ、ジャガイモ、牛乳、メロン、バナナ 、干し椎茸などです。

プリン体の含有量が少ない食べ物として、

卵、豆腐、プロセスチーズ、ニンニク、ショウガ、お米、うどん、蕎麦、パン等です


また、ビールが好きで愛飲する方が多いかと思われますが、プリン体がたくさん含まれており、ビールを良く飲む人は痛風になりやすい傾向のようです。

その為、以前は痛風を発症するのは40代から50代の男性に多い病気でしたが、最近では30代、20代でも痛風になってしまう人が増加しているそうです。

更に女性でも痛風にかかる方が増えており、飲酒や外食など痛風の原因になる物質を摂取しやすい環境が影響しているのかもしれません。