エパデールはEPA効果

油っこいもの、甘いものが大好きだけど、運動が続かない!

エパデールの効果は

血液中のコレステロールや中性脂肪などを低下させ、血管内で血液が固まるのを防ぐ効果が期待できる医療用医薬品なのがエパデールです。


エパデール

主なエパデールの成分はイコサペント酸のEPAで、血管の弾力性保持する作用があり、他にも血清脂質を改善させ、血小板凝集の抑制作用もあり、高脂血症の治療に用いられています。


その始まりは、EPAであるイコサペント酸の疫学調査によって、閉塞性動脈硬化症に伴う潰瘍、疼痛および冷感の改善や高脂血症の効能から医薬品としてエパデールが完成したのです。


EPA(イコサペント酸エチル)は、イワシやサバなどの青魚に多く含まれており、日本でも魚をより多く食べている漁業地域の住民は、狭心症や心筋梗塞の発症率が少ないというデーターがあるそうです。


EPAが豊富な魚類を摂取することで、動脈硬化性疾患や心筋梗塞など心臓病を防ぐ効果が期待されています。


最近では、血液サラサラ健康サプリメントとして中性脂肪対策に、EPAが含まれるサプリを見かけることがありますが、エパデールは医療用医薬品となります。

※用法・用量は医師または薬剤師に相談して、その指示を守りましょう。

エパデールには副作用も

エパデールには副作用も報告されており、食欲不振、吐き気、発疹、かゆみ、貧血、悪心、発熱、腹部不快感、下痢、腹痛、胸やけ等があり、他にも様々な副作用があるようです。


肝機能障害の副作用が疑われる重いケースもあるので、気になる場合にはすぐに担当の医師に相談することが望ましいです。


また、エパデールを服用することが禁止されている場合もあり、
血友病、毛細血管脆弱症、消化管潰瘍、尿路出血、喀血、硝子体出血
などの病気の方は、医師の指示に従うことが必要でしょう。

エパデールが通販で

エパデールはジェネリック医薬品(後発品)を含めていくつかの大手医薬品メーカーから提供されています。

例えば、

エパデールs900

エパデールs600

エパデールs300

エパデールカプセル

エパデールs

エパデールt

など、もしかしたら現在は販売されていない薬もあるかもしれませんが、担当の医師・薬剤師にご相談して服用する医療用医薬品です。


エパデールを通販で購入できるネットショップもあるようですが、医療機関で保険証を提示することで、医療費の窓口負担は3割になりますから、お得と言えましょう。


それに、副作用もあるようですし、最初に医師に診察してもらいエパデールを処方してもらえば安心して服用できますし、エパデールの費用も一部負担になります。

どうしても医者にかからないでエパデールのEPA効果を試してみたい時には、同じ成分のEPAが含まれている健康サプリメントを選択するのも1つのアイデアです。

ドラッグストアのビタミン剤などのコーナーでEPAが配合されているサプリは、意外と多く販売されています。

エパデールs900で痩せるダイエット

エパデールのジェネリック医薬品(後発品)であるエパデールS900には、飲むことで痩せることができる、ダイエット効果があるような噂があります。


しかし、エパデールs900は、

◎血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させ、

◎血液が固まりにくくし、

◎血管の壁に付着するのを抑え

◎血管の弾力性を保つ


作用が目的の治療に用いられるお薬です。

痩せるためにダイエット効果を望むのであれば、個人差がありますが、専用のダイエットサプリメントを選んだ方がより効果的でしょう。